託児所と保育園に違いはある?

保育園と託児所の違いについて知りたい

おすすめリンク

東京でお得にエアコン取り付けしたい!

もっとお得にエアコン取り付けをする方法とは?東京にある業者ではどこが一番お得なのか?

大阪にある貸会議室はどこがおすすめ?

貸会議室といっても設備や金額は様々です!大阪にある一番人気の会議室や割引方法を掲載しています

間違ったMEO対策をしていませんか?

効果的といわれるMEO対策ですが本当にアクセスアップしていますか?概要を知ればサービスに強くなる

地域によっては入所が激戦の認可保育園

育児中のママが働きたいと考えた時にまず悩むのが、どこに子どもを預けるか、保育園に空きはあるのかという預け先の問題です。

お子さんが0歳から3歳未満の場合は保育園か託児所が預け先の候補になるかと思います。
その間の預け先探しが大変で、保活と呼ばれる社会問題にもなっています。

基本的には皆さん認可保育園の入所を目指して活動しているようですが、なかなか入所できないと、いつから仕事を始められるのかの見通しもたたないのが困ると言う声も多く聞きます。

他に選択肢はないのか調べると、無認可保育園や託児所がでてくるのですが、それぞれの違いは何なのか疑問も出てくるでしょう。

認可保育園とは、国の基準をクリアし認可されて運営している保育園です。
市町村に入所希望の申請をする事になり、希望はできますが住まいの地域どこに入所できるかは自治体が決定します。
保育料に関しても収入によって変動があります。

無認可保育園は認可保育園の空き待ちの期間に一時的に利用する場合が多いようですが、認可保育園と比べると基準が厳しくない分、教育や保育時間、
保育内容など運営側の個性もあり、どこに預けるかで内容が変わります。
保育料も運営側が決定できるので、認可保育園と比べると高いと言う印象になります。

保育園不足に対応して増加傾向にあるのが託児所です。
主に、企業内にある保育をしてくれる施設で、その企業に勤める職員の子どもを預かる目的の施設です。
一緒に通勤して帰れたり、料金が安いなどのメリットがあるのですが、教育の観点から考えると不足に感じたり、職場の人間関係と父兄の関係が混合してしまうなどのデメリットがあり悩むようです。

どこに預けるかは、それぞれの価値観も大きく影響します。
仕事と家事と育児をこなすのは大変なので、保育内容を含めて納得し、安心し、負担無く預けられるところに預けるのが一番です。